********************************
     
MASAMI COLLECTION       TOP
    ********************************

     ひろさか Facebook  ← クリック

     
ひろさか RC 年表 ← クリック

   
マシンやレースについての質問等も受けております。
    ご遠慮無しにお問い合わせ下さい

      
お問い合わせ info@hirosaka.jp
   1/12 レーシングカー
  オフロード 2WD   
  オフロード 4WD   
  1/10 レーシングカー
  1/10 ツーリングカー  
  1/10 GPツーリングカー

   ETC.

  1999年 NORRCA ON ROAD NATIONALS


  1999年 NORRCA オンロード選手権      2024/03/01

 
アメリカでのツーリンガカーの普及を目指し、NORRCA NATIONALSには
 今回で3回目となる。 

 今回はラスベガスでの開催となった。 マシンは。MR−4TC










 MR−4ラアリーから、ツーリングカーに改良した、TC




















 ラリーベースの為、アッパーデッキは無く、アルミプレートやロッドで強化。








































  2002年世界選手権用 プロト ツーリングカー


  2002年世界選手権用 ステルスカー      2024/02/23

 2000年 第1回ツーリングカー世界選手権にて原選手によりチャンプオンを
 獲得し、第2回連覇を狙い、新たにニューマシンの開発に手がけた。
 多くのメーカーがベルトドライブかシャフトドライブかと考えていた時期だった。

 私は、このどちらにも属さない、リア、ギアドライブ、そしてフロントはベルト駆動を
 考案し、試作を開始した。

 駆動の軽さ、モーターの反動トルクも無いために有利と考えた。 そして数種類の
 プロトタイプを製作し、テストを繰り返した。世界選手権開催地の南アフリカへも
 テストに行った。

 ただ、完全にステルスカーなので、人に見られない様に、色々なダミーマシンも
 製作した。

 しかし最終的には、時間切れで従来のTCを上回る事が出来ず、本戦には
 使用せずにTCで戦った。

 当時ヨコモでは、多くのワークスドライバーを擁していた為に、すべての選手のマシンを
 用意しようとすれば、少なくとも3ヶ月以上の期間を要する。 ましてプロトは殆どが
 ニューパーツを使用する為に、時間的に無理と判断した。




 プロトタイプは数種類を製作し、テストをくりかえしたが、一番苦労した事は
 人にバレない用にテストをする事だった。 コース等では他の人の注目を
 浴びる為に、最新の注意を払った。












 フロントはベルト駆動、そしてリアはギア駆動。


 前後駆動部は殆ど新設計。




 フロントバルクヘッド幅を詰め、ロングアームを使用。






 フロントアームは、ナイロンのマシンカット。






 リア駆動はギア。


















 シャーシ、アッパーデッキ等も多く試作。


 初期のプロトタイプ。


 フロント部は、TC用を使用。






 リアのギア部、前後のギア比が難しい。



















 ほぼ最終モデルに近いプロト。



 フロントデフの幅を狭くする事でロングアーム、ロングユニバーサル、アーム
 を使用することが出来た。






 一番苦労した、リアギア部。




 リアデフは小径でコンパクトにまとまった。


















 テストではかなり良い結果が得られたが、ギアとベルトで駆動の伝達に僅かな
 タイムラグがあり、これが正美の不満であったが、解消に時間を費やしたが、
 解決に至らなかった。


  2001年 ツーリングカー 全日本選手権  

 2001年 MR−4TC SP            2024/02/10

 MR−4TCのシャーシをナロータイプに変更。


 
双子のMR4−TC 全日本SPL。    (レプリカ 販売します。)












  







  



 キンブローの樹脂ピニオン使用。


 ツニバーサルはアルミ製、シャフトもアルミ


 モーターは、REEEDY 8T


 バッテリーはヨコモピークマッチド。


 1mmトレールのステアリングブロック。
















  






  








































 
****************************************************

 
MR−4TC 全日本選手権SPL. レプリカ

 
レース後、広告及び展示等用に、全く同じ仕様のレプリカを製作しました。
 (新品、メカ無し)


 
このマシン販売します。      価格¥250,000

 
お問い合わせ  info@hirosaka.jp







  お問い合わせ info@hirosaka.jp

  1998年 NORRCA 全米選手権  

 1998年 YR−4M2 TYPE J−PRO    2024/02/03

 アメリカラスベガスのウエスタンRCサーキットにてNORRCA全米選手権が開催された。

 
レースレポート 
←クリック
















  





 YR−4シリーズもどんどん進化して、ほぼシリーズ最終型となった。


 マシンがかなり軽量された為に多くのウエイトを積む。


 フロントの捩れを防ぐ為に強化ロッドを取り付け。




 フロントバルクヘッドはアルミ製。


 フロントデフ ジュラコン製軽量タイプ。






 リアデフはアルミ製。




 モータはREEDY。






 ユニバーサルは、MIP CVD。













  お問い合わせ info@hirosaka.jp


 *****************************************************

  TOP